毛髪をダメージから守って!ヘアアイロンは正しい使い方が大切

寝グセをヘアアイロンで真っ直ぐに伸ばしたり、前髪や毛先に少しカールをつけたりと、毎日のヘアケアでヘアアイロンを使用する人は多いです。ただ、使用頻度が高いと毛髪へのダメージが気になってしまうことも…。

毛髪をダメージから守るには、どうすれば良いのでしょうか?

ヘアアイロン使用時の注意点

ヘアアイロン使用時の注意点

毛髪の主成分はケラチンというタンパク質ですから、熱を通すと熱変性が起きて、外側のキューティクルが剥がれやすくなることもあります。しかし、ヘアアイロンの正しい使い方を知っていれば、髪へのダメージは抑えられます。

毛髪が乾いた状態で使用する

濡れた状態の毛髪はキューティクルが開いていて、ダメージを受けやすくなっています。その状態でアイロンを通すと内部の水分が一気に蒸発し、枝毛や切れ毛が起こりやすくなります。ヘアアイロンを使用する前は、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

温度を高く上げすぎない・繰り返し同じ部分にあてない

乾いた状態の毛髪の耐熱温度は約150度です。それに対して、ヘアアイロンの熱は低温で100〜120度、高温だと180度近くになるため、使用する際はできるだけ温度を低めに設定しましょう。また、何度も同じ部分にアイロンをあてるのも、髪を傷める原因になります。長時間の使用は避けることをおすすめします。

ヘアアイロンで傷んだ髪のケア方法

ヘアアイロンで傷んだ髪のケア方法

毛髪は一度でも傷んでしまうと、完全に元の状態まで回復することはありません。自己修復機能がないため、ダメージを蓄積していきます。

何よりも大切なのはダメージを防ぐことですが、傷んでしまった場合は、自宅でのヘアケアが重要になります。お風呂上りにヘアオイルを使用したり、洗い流さないトリートメントを使用したり、ケア方法は数多くあります。

中でもシャンプーは毎日のケアとして必要です。シャンプー、トリートメント、アウトバストリートメントの順で、自分に合ったアイテムを使用しましょう。

自宅ケアに役立つドライヤーを通販でお求めでしたら、WaysStoreをお役立てください。通販で取り扱っているホリスティックキュアドライヤーは、「髪にとって本当に良いことは何なのか?」という点を根本から考え直し、研究開発されたドライヤーです。

ホリスティックキュアドライヤーは、モーターの振動によるブレを感じさせないバランス調整、長時間の使用でも疲れにくい軽量設計となっています。熱ダメージの軽減を意識して使いやすさを追求しましたので、通販でドライヤーを探している方は、ホリスティックキュアドライヤーをお取り寄せください。

ホリスティックキュアドライヤーを通販で購入するならWaysStoreへ

サイト名 WaysStore
運営統括責任者 木村一平
住所 〒107-0062 東京都港区南青山2丁目22−14 フォンテ青山910
電話番号 03-6447-2277
URL http://store.way-s.net/
Eメール ways.pr.official@gmail.com
営業日時 11:00〜20:00
事業内容 美容商品通販

ページトップへ

SHOPPING GUIDE ご利用案内