ハリがあるツヤ髪に欠かせない!シャンプー後に使うアイテムの違い

心身をじっくり癒せるバスタイム。シャンプー後に使うアイテムに、トリートメントやコンディショナー、リンスがありますが、具体的にどのような違いがあるのか知っていますか?

今の自分に必要なヘアケア商品を選ぶためにも、それぞれの違いを知っておきましょう。

トリートメント〜髪の内部保守〜

トリートメント〜髪の内部保守〜

紫外線や摩擦などでダメージを受けた髪は、傷んだりツヤを失ったりします。そのようなとき、毛髪内部に栄養や油分、補修成分を届けてダメージをケアするのがトリートメントです。乾燥を防ぐ保湿成分が配合されているため、手触りのなめらかな質感に仕上げます。髪の質感をコントロールしたいときに多く使用され、ゴワゴワとした髪質の悩みを軽減する際にもおすすめです。

また、トリートメントは髪の状態を整えるタイプ、補修をメインにしたタイプと種類も幅広いのが特徴です。多くはリンス・コンディショナーの機能を併せ持つタイプで、シャンプー後はトリートメントだけでも満足度の高い仕上がりになります。

WaysStoreでは、サロンで人気の「TOKIO」のトリートメントを取り扱っております。ケア商品でお悩みの際はご検討ください。

コンディショナー〜トリートメントとリンスの中間〜

コンディショナーは、メーカーによって名称が異なるアイテムです。リンスとのはっきりとした違いはなく、髪のゴワつきや乾燥といった、外側から髪表面の状態を整えるサポート役です。カラーやパーマなどの施術で髪のダメージが気になるときにも役立ちます。

シャンプーの後に使用するアイテムですので、「髪がキシキシする…」と悩んでいる方は、コンディショナーを2〜3回に分けて馴染ませましょう。

リンス〜表面的な働きかけで髪をサポート〜

リンス〜表面的な働きかけで髪をサポート〜

トリートメントが髪を内側からケアするのに対して、リンスはコンディショナーと同様、髪の表面を保護する役割を担っています。

シャンプー後の髪は素の状態ですが、リンスをすることで表面に油分を与えてコーティングを施し、乾燥・摩擦・熱などの刺激から守ります。指通りやブラシ通りも軽くなる、扱いやすい髪へと整えてくれるアイテムです。

普段、何気なく使用しているトリートメント、コンディショナー、リンスの違いについて説明いたしました。通販で簡単に手に入る商品で溢れているからこそ、自分の髪に本当にあった商品を選ぶことが大切です。

WaysStoreでは、サロンで人気の「TOKIO」のトリートメントを取り扱っております。2011年の誕生以降、海外のプロやメディアからも注目され、今や世界を代表するシステムトリートメントです。「TOKIO」の商品をお求めの際に、お役立てください。

TOKIOのトリートメントをお探しならWaysStoreへ

サイト名 WaysStore
運営統括責任者 木村一平
住所 〒107-0062 東京都港区南青山2丁目22−14 フォンテ青山910
電話番号 03-6447-2277
URL http://store.way-s.net/
Eメール ways.pr.official@gmail.com
営業日時 11:00〜20:00
事業内容 美容商品通販

ページトップへ

SHOPPING GUIDE ご利用案内